スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりにキレてしまいました

ふたり16.7.28

リサイクルショップに
使用済みの
コップを持っていきました
段ボール二箱です
つつみかた入れ方がまずかったので
子どもに持たせた
陶器が
地面に落ちわれてしまいました
つい怒ってしまい
ものすごい口論になってしまいましたが
怒ることでもありませんでした
その直前
ある人が
子どもが小さい時に
ビデオデッキをこわしたけど
怒らなかったという話を
子どもにしたばかりだったのです
それなのに
怒ってしまい自己嫌悪
もちろん
子どもには謝りました

リサイクルショップですが

使用済みコップのほかに
額縁とか
それなりもモノも一緒に持っていきました
最初にひと箱みてもらって
500円という値段がついたので
もうひと箱あるといったら
それでも値段は
500円でした
まあ捨てるよりいいかと思いましたが
遊びのついでに持って行ったのでガソリン代もきにはなりませんでした

家が片付くのは
気持ちがいいです
スポンサーサイト

富士山の夢

一昨日の朝方見た夢は
修学旅行で
どこかの旅館に一泊して
外を見たら
富士山が西側にあり
赤富士の美しさに
写真を撮ろうとしたが
時間が遅く
綺麗な写真がとれなかったという
夢を見ました

その日
ブックオフに行って
立ち読みをしていたところ
いねむり先生の
漫画があり
さっそく読んでみることに
すると
先生は
尖ったモノが苦手で
富士山も苦手だったという
シーンがあり
これはシンクロ?
と驚きました

またツール・ド・フランスも
同じようなシンクロがあり
びっくりしました
こちらは
テレビと
聖・おにいさん

今朝がたは
ピンクハウスであろう
中古ブランドショップで
トレーナーをみつけ
事もあろうか
私はそのトレーナーに
リボンのいたずら書きをしてしまうのです
それを店主に見つかって
しょうがなく
買うという
ないようでした
お金を払う事よりも
モノが増えることがショックでしたね
夢の中でも
そうしたら
今朝の新聞に
どこかの聖なる木に
Mという字が彫られていたという
記事があり
妙なシンクロを味わいました

どうでもいいような
偶然かもしれませんが
こういう
シンクロを大事にしたほうがいいと
いうので
大事にしてみます

モノを減らす

服の断捨離4

昨日処分した
Tシャツです
Tシャツを数えたところ
8枚くらいあり
びっくり
意外と自分服持ってたんだと思いました
ちなみに
子どもの
Tシャツは2枚です
いつも来ているのは中学の体育着
来年の三月までしか
着ることができないような
モノなので
どんどん
着古してほしいです

このTシャツは
近所の人からのお下がりです
一応
べ×トン
なんですが
着古したため
毛羽だっており
みすぼらしくなったので
はさみで切って
トイレ用の
雑巾にしています

それにしても気に入っている洋服から
ドンドン
ボロボロになるのはつらいです
残ったのは
嫌いな服になるのでしょうか?
だったら
捨てたほうがいいのか?
とも思いますが
今のところ
洋服断買をしているので
一応
手当たり次第きています

洋服を買わなくなった途端
洋服が好きになりました
少ないものだと
愛着がわきます

洋服(下着も含めて)
買わないままに
一年と5か月になりましたが
今日ネットでお買いものをしてしまったので
一旦リセットです
小物の断捨離1

この手帳は
2014年に使ったものです
100円ショップで買ったものです
大事なメモは
違う
ノートに写しましたが・・

いまつかっている手帳は
結構必要な知識がびっしりになっているので
なかなか捨てられないかもしれません・・・。

毒母でもなんでもない
文章でした
昨日ものすごい
毒母っぷりを発揮したのですが・・・
それはまた

モノからの解放

いろいろあって
親の老前整理の手伝いをしました
今まで聖域になっていた
仏壇のある
部屋です

こんなところに?
という上の方にある
収納に
つかわないおぼん
とか
結婚式の引き出物がありました
結婚式のは
名前が入っているので
とても厄介です
これから結婚式をされる方は
カタログとかにすればいいと
心から思います
出たくもない式に出席させられ
高いお金をだし
いらないモノを押し付けられるなんて
最悪です
私も
そんな悪行をしてしまい
さらには
離婚です
申し訳ない気持ちでいっぱいです

それらのものは
それを包んでいた
紙の箱も
カビ臭くて大変でした
1時間くらい
そのカビと
格闘していたので
喉が痛いです
カビのもとになるものは
全部減らした方がいいようです

私自身まだまだ
ミニマリストには
程遠いのですが
箸休め的な感じで
人の断捨離を手伝うとすっきりします

母はモノを持ちすぎないこと
カビの生えているようなものは
捨てたほうがいいことを
理解していますが
問題は
父親です
病原菌ともいえるような
ゴミのような書類を
後生大事に
しまっています
必要じゃないモノがいっぱいあるので
本当に必要なものが
どこにあるのか
分からなくなっているようで
普通に腹が立ちます

先日ブックオフに
本とかCDを持っていきました
1500円くらいになったのは
うれしかったです
大事ないい本だと思うものが
5円だったのは
ショックでした
今は一冊一冊値段が付くので
驚きです
今度は生活館倉庫に
先ほど処分を決めたものを持っていく予定です
フリマもいいのですが
なかなか
腰が重いです
フリマも
やる予定ではありますが・・・
一気に
リサイクルショップに持って行ったほうが早いのでしょうね

掃除機にハマる

きっかけは
お恥ずかしいことに
私の
舌下免疫治療をまよっているときの
病院からもらった
チラシでした
スギ花粉がヒドイと思っていて
検査をうけたら
ダニとかハウスダストのほうが数値が
高かったのです

掃除はしていましたが
モップとコロコロのみ
絨毯があるのにです
お恥ずかしいこと限りなしです

それから布団にも掃除機をかけていませんでした
子どもが喘息なのですが
掃除機という
ツールを全く思い浮かびませんでした
レイコ④ップ
を買わなければ?と思いつつ
そのままにしており
一番大事なことが見えていなかったのです
ためしに
掃除機ですったところ
ものすごい量の
ゴミが取れました
繊維もあるのでしょうが
ダニのゴミもあったと思います
今は
殆ど毎日
絨毯はもちろん
布団も掃除機で吸いまくってます
気になるのは
いつも
いっぱいゴミがとれること
あのゴミは繊維なのでしょうか
だとすれば
布団が近い将来スカスカになります

来年の花粉の時期
私の症状はどうなっているのか
気になります
舌下免疫治療は
製薬会社が儲かるだけ
という話をきき
やらないことにしました

選挙

投票日当日選挙に行くのが
妙に嫌なので
仕事と偽り
期日前投票をしています

山形県の結果は
驚くべきものでした
まず
保守県民だったのが
いきなり
野党支持者が
過半数を超えていました
これは農業県なので
TPPの影響だとは思いますが・・・
野党になりました
全国二位です

さらに投票率の高さです
全国二位でした
まじめで年寄が多いので
投票率は高いのでしょうが・・・

なんか自分の住んでる県って
スゴイかも・・・と
見直しました

気になったのは
沖縄県です
先日の悲しい事件などあり
政治に
興味があるし
何とか今の体制を変えたいと思っているんだろうな
と期待していたら
投票率が
思いっきり低かったです

がっかりしました

妹という存在

昨日友人と話していて
友人の親の理不尽さを
知りました
完璧な親などいないとは思いますが
彼女の
兄弟の中での扱われ方が
少々気の毒になったのです
そこで
一番気になったのは
妹という存在でした

妹は要領がよく
怒られる回数が少なく
姉の失敗を見ているので
親に気に入られる
その割に
家仕事をしなかったり
親が病気になった時など
口だけだして
手を貸さなかったりする
親の法事の予定を自分の都合に合わせ
他の兄弟たちは
仕事を休まなくてはならなくなった
などなどである

大人になるにつれて
家庭の中が複雑になってくるのです
上の文章で上げた妹さんは
資格を持ちバリバリ働いているのに
独身ということで
友人のお父さんは
妹ばかりかわいがるというのです

はっきり言って長女は
どんな扱いをしても
構わないと思っているようで
聴いていて腹が立ちました

私にも子どもにも兄弟はいないのですが
うっとうしさこそありませんが
さびしさみたいなのはあります

人ともまれていないので
人に迎合するのが下手だったり
妙に人付き合いが出来なかったりします
結婚生活が継続できないのも
兄弟がいないというのも
原因の一つにあります
こじれた関係のまま
家族でいることが
苦痛です
しかもそれが赤の他人なので
怖くてしょうがありません
今は
親と子どもと一緒なので
全員と私は血がつながっています
血のつながりが大事だとは思いませんが
安心できる要素にはなっているようです

後妻業

今日の山形新聞の
本の紹介に
映画にもなった
後妻業が紹介されていた

しかし
間違っていた部分がある

実際の事件を参考にして
書かれたとあるが

後妻業が出版されたあとに

事件が明らかになったのである
これには
作者も驚いていた
山形新聞に
間違っているとお手紙でも送ろうかと思ったが
あの会社の体質からして
絶対に
握りつぶすと思うので
不満買い取りセンターにでも
送ろうかなあと
思いました

毒母働き方で大いに迷う

町で見かけた

収入が少ないのと
厚生年金に入りたい気持ちで
ついうっかり
早朝の仕事を
引き受けてしまいました
おそらく
週に
3回です

10月から
社会保障の制度が変わり
結婚している
主婦のパートの方は
天引きされるお金が増えるので
たくさん働くと損をする
ようになりますが
私はシンママだし
保障してほしいと思っているので
こちらの働きかたを選んだのです

この早朝と
午後からの仕事をすると
ひと月8万8千円以上の収入になるので
厚生年金に
はいれるのでした
少しは
老後が安心になるかもしれません
というか
国民年金をはらうのが
大変なので
半分会社で払ってもらえると
少し助かります

子どもは来年から高校ですが
公立は無理っぽいので
がんばって
私立に入れるつもり・・・
になってしまいました
収入は低いですが
子どもがひとりなので
なんとかなるかなあと
他のママ友は
絶対に
公立
私立だと無理
という方もいました
お父さんがいる
家庭なのに
なんでかなあと思っていたら
その下に
子どもがいるのでした
また
実の両親と同居しつつも
殆ど援助を受けられない人もいました
ご両親は
意外と社会的地位が高く
お金はありそうなんですが・・・・

私は
恵まれているんだなあと
思った次第です
ありがたいことです。

絵は
通勤途中見つけた
板金の仕事をしていた
若者です
この髪は(韓流アイドルじゃないんだから)
まずいんじゃないかなと
思ってしまいました

また顔をこんなにカッコいいわけではありません

毒母は掃除にのめりこむ

子どもが喘息なので
病院通いとか
吸入とか
の日々なんですが

梅雨の日


布団をきれいにするというのを
怠っていました
一応シーツと布団カバーは
ダニを寄せ付けないような
つるつるの
カバーですが・・・
アマゾンで購入
そんな
安いものではありません
私の中では

レイコップをみて
これを買わないとだめか?・
と思いつつ
普通の掃除機で
布団をすってみたところ
普通に
ゴミが取れ
細かいごみが
コマーシャルと
同じくらい
粉みたいな
ダニのしがいなのか
布団の繊維なのか
分からないものが
毎回ごっそりとれます
普通の掃除機は
掃除もできるので
レイ
コップ
よりいいかもしれません

勝手はいけない人気商品みたいな
本にも
おなじようなことがかいてありました
喘息で困っているおかあさんは
まず
家にある
掃除機で
布団を掃除してみてください

服の処分

服の断捨離3

10年以上というか
15年以上はいているパンツでした

一応サムシング?とかいう
メーカーもので
履き心地がよく
愛用していたのですが
お尻のところが薄くなり
ふとしたタイミングで
穴が開きそうなので
そろそろ
捨て時になりました
もったいないと思いつつも
処分しようと思います
あとちょっとゆるくなってしまったとうのも
理由です
このパンツを買った時よりも
5キロは減ってますね

ボロボロの服を着ていると
気分が少し下がるというか
自分の価値も下がるような気になります
それ以上に
15年もはいた
パンツはもう十分
お役御免なのでは?という気もします
このような
絵をアップしたのは

超有名ミニマリストおふみさんに
影響を受けたからです
なんとなく

子どものパジャマは
穴があいているのですが
一応
本人の意思を尊重して
捨てる?
と聞いてみると
まだ大丈夫でしょ
との答え

無頓着なのは
彼の美点ですが
親としていかがなものか?
という気もします

物を処分することで
お金が貯まるというのは
妙な話ですが
どうせ処分するかも?と思うと
相当買い物に慎重になります

本は結構バンバン買っているのですが
読みたい本とか
繰り返し読みたい本はたくさんありますし
いらなくなったら
差し上げてもいいし
古本屋にもっていけばいいので
楽は楽
(と言いつつ段ボールが二箱も・・・)

洋服は一年5か月買っていません
下着すら

服の寿命は10年くらいなのか?

服の断捨離2
服の断捨離1

モノが多いと
子どもが混乱する
ので
子どものモノを
減らしたいと思っているのだが
そこは
子ども
一度自分のモノにしたら
手放すのは
嫌なようである
これは大人にも
言えることで
人は一度自分が手に入れたものは
価値があると思い込み
売るときの値段も
他の人が付ける値段よりも
高くつけるのだそうです

なんとなくわかりますね

モノを手放すのが嫌ならば
手に入れないことが
一番なのかもしれません

ということで
私は
ミニマリストになりたがっているので
自分のモノを減らそうと思っています
(母も死ぬ前にモノを減らせ
みたいな本を
私が与えたので
地道に
モノを処分しています
しかし
売るという発想がなく
何でも捨てています
それはそれで
潔いのですが・・・)

最近の私の捨てたものは
いままで愛用していた服です
赤いのは下着にもなり
服にもなり
ですが
10年以上は着ており
袖口は伸び切り
色あせました
これを着ていると
ちょっと貧乏でかわいそうな人全開なので
切ってトイレ掃除に使っています

蒼いノースリーブは
涼しいのに首が暖かいと
どの季節に着たらいいのか
分からなくなったりしていました
着てみるとそれなりにいい感じなのですが
やはりこちらも
10年前以上に買ったもので
劣化しています
色も褪せています
これは(というか赤い方も)
ユニクロなので
ユニクロの回収ボックスに入れてきました
リサイクルできるかどうかは
疑問ですが・・・

これだけの処分ですが
ちょっとだけ心が軽くなりました
部屋の外に積んである
段ボールに入った
本もなんとかしなくては・・・と思っています

毒母もかつては子供だった(あたりまえ)

7歳の時の字2

けっこう私の母も
断捨離を決行していて
その中に
私が7歳の時に書いた
アイドルらしき名前が出てきました

こういう人を好きだったんだと
いまでは
考えられません

西條秀樹
おりも雅夫
ジェリー
桜田淳子
ザ・ピーナツ
フィンガーファイブ
夏木まり
岡崎ゆき

という名前でした

マニアックなのか
普通の小学生なのか
理解不能です

スケッチブックが出てきたので
オモシロイ絵を
写真にとって
あとは
捨てます

かつてはバトンガールだった

小学生のころ
学校歌に合わせてのブラスバンドの行進があり
一年のとき
見て
カッコいい
6年生になったら
ああゆうふうに
行進したい
このメンバーに選ばれたいと
強烈に思いました
その
パレードモドキをみるのは
とても楽しみだったような気がします

当時クラスは8クラス
人数が多すぎるというので
学校が
二つに分断されました
そして
4クラスの学校になり
最初は学校が完成していないので
5年と6年だけの
学校になりました

そして
6年になった時
いきなり吹奏楽部ができて
それらの楽器は父兄の寄付
あほくさい話です
同じクラスの女子は殆ど
吹奏楽部に入ったのです

そして
その中の華である
はずの
バトンガールは
残った女子の中から選ぶことになりました
私の残った女子ですが
ぱっとしない女子ばっかり残りました
花というよりも
雑草みたいな
オオバコとかの

その中から私は
バトンガールに選ばれましたが
担任の先生は
思いっきり不服のようでした
この女
贔屓はするし
自分勝手
主張をころころ変え
子どもの名誉を横取りし
子どもが優秀なのをさも自分の手柄のようにする
ので
嫌でした
そのせいなのか
中学に入ってから
強烈な
中一ギャップに悩まされます

それでもって
私も不本意にも
バトンガールになってしまいました
花もないのに

練習は過酷で
先輩はいじわる
何とかそれなりに
出来るようになりました
すんごい難しい
バトンだったと
今も思います

おまけにその担当の
先生が
ロリコンで
ミニスカートの写真を
とってくれたのですが
後から思えば
自分の趣味だったのでしょう
のちに
小学生に何か悪さをして
大問題になりました

一応小1のころの
夢がかなったわけですが
私としては
アコーディオンくらいでよかったので
ちゃんとした行進をしたかった
です

なんか今日おもいだしました

水着を忘れる

今までどうしてこういう事がなかったのかが不思議です
子どもが水着を忘れました
もしかしたら去年は
関係がよくなかったので
忘れたけど
持ってきて
って言えなかったのかもしれません


子どもから電話が来たので
水着を持っていきました
靴箱に入れましたが
他にも忘れた子がいたみたいで
靴箱には水着セットが押し込まれていました

水泳の授業の前の日は
こどもは病院に行くために
早退してます
水着が必要だったと
全く知らなかったようで・・・
これはしょうがないです

でその日
水着を持って帰ってくるのを忘れていました
これも今までなかったのが不思議なくらいです
私は
以前だったら
なんで忘れてくるんだ=
と怒りまくっていたかもしれません
それほど
いちいち
うるさい母だったのです
しかしまあ
とりに行く?
と聞いても気が付いたのは8時くらいだったので
いいそのまま着ると
意外と平気な顔をして言うので
とりに行きませんでした

そういうわけで今日の水泳の授業は
ぬれた水着とタオルでの参加ですが
どうなんでしょう・・・・

これから生きていくうえで
こういう事はたくさんあると思うので
いい経験にしてほしいです


昨日塾の先生から電話がありました
結果が出ないこと
高いこと
面接の先生が
かなりいい加減で口が上手い
さらに理不尽ににらみを利かせる
感じが
して
なんといっても
結果が出ないのが一番の理由ですが
不信かんありありでした
でも今更公文に鞍替えできないし・・
惰性で塾を続けていました
家にいると
さらにだらける可能性が高いので
行くだけでも・・という気持ちで

しかし電話で話してくれた
女性の先生は
思った以上に話の分かる方で
先生ご自身も
高校か大学くらいまで
原因不明の精神の病気になり
大変だったという事を
私に話してくれました
だからこそ
私のうちの
子どもの気持ちがわかるとおっしゃってくださり
なんかこの時は
感動というか
心にあたたたかいものが

思いがけないところで
人の優しさを
感じました

私も生活言動人との接し方を
改めないといけないと
つくづく思いました
何気に人を傷つけたり
無神経なことを言ったりしていますから

昨日はありがたさを感じた一日となりました
プロフィール

米蔵

Author:米蔵
読書と絵を描いたりするのが趣味
最近一番気にっているドラマは
シャーロック
裁縫も好き

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2アフィリエイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。